気合と根性・勘と経験・属人的でブラックボックス化
非効率で旧態依然とした昭和な営業を大改革

御社の営業部隊はこんな状況ではないですか?

数打ちゃ当たるテレアポを
未だに行っている

失注顧客への追客は
放置してしまっている

成果は営業マン個々の能力に
依存している

この昭和な営業スタイルが、KAIGANを導入することによって

無駄な架電をせず興味がある
見込客にだけアプローチできる

失注顧客の追客は、デジタルが
自動的に実行してくれる

勘と経験に依らずデータ解析
による提案が可能になる

機能紹介MAツール -KAIGAN- で出来る事

Web解析

ユーザーの訪問数、滞在時間や、特定の見込み客が、どのページを閲覧したかわかります。

メール送信・解析/
属人的セールスの脱却

専用のメールビルダーでメールを作成し、個別メール、一括メールを送信できます。

シナリオ設定

メールの閲覧やLPへの訪問など、段階的にアクションを設定し、その推移を数値化することができます。

スコアリング

サイト閲覧状況や見込み客のアクションにスコアを設定し、興味関心度を数値化できます。

LP/フォーム作成

コーディングの知識がなくてもLPやフォームを作成できます。

CRM/SFA

見込み客に対して行ったアクションや打ち合わせの内容などを記録でき、見込み客の状況を一元管理することができます。

メリットMAツール -KAIGAN- 導入によるメリット

新規見込客の創出

今までお取り引きがなかった方も定期的に連絡することで自社への顧客化への可能性を高めまます。

アポ/成約率の向上

興味関心が高い見込み客だけにアプローチをすることでアポイントや成約の確率を高めます。

追客の自動化

こちらからの連絡をスケジュールを組んで設定できます。

休眠顧客

過去のお客様とも改めてコミュニケーションをすることで再度顧客化を実現します。

解約防止

顧客へのアンケートなどをもとに最適な情報提供をすることで解約を防止します。

アップセル

顧客の興味関心に合わせた情報提供で新たな提案を行うことができます。

MA業界の課題高い、使えない、作れない、難しい

ツール作成の壁

そもそもツール代が導入費で数十万~数百万円、月額20~30万円以上と高額

シナリオ設定の壁

MAは、オートメーションと言いつつ、最初に誰かがシナリオ(事前設定)を行わないといけないが人材不足

コンテンツ作成の壁

仮にシナリオ設定ができても、それに基づくコンテンツ作成ノウハウ・体制構築が困難

システム設定のの壁

極めつけは、基本構成が海外製のため、管理画面やシステム設定など複雑で使いづらい

ツール代は無料化
クラウドワーカーを組織化

MA(マーケティングオートメーション)という考え方、仕組みは、営業活動を行う全ての企業にとって不可欠です。
しかし、導入には、費用と人材と非常に大きな壁があります。
弊社は1社でも多くの企業にMAツール導入により成果を上げて頂くために、無料で使えるMAツールを開発し、加えてシナリオ設計、コンテンツ作成、システム設定といった運用業務をワンストップで請負うMPO(マーケティング・プロセス・アウトソーシング)事業を行っています。

メディア紹介

業界の常識を覆す会社として
東洋経済社発表「2018年すごいベンチャー100」に選出

他、各メディアにて注目されています

導入企業

2018年4月リリースから数か月で60社以上が続々導入中