販売管理 システムで 中小企業 は救えるのか!?

クラウドシステムが中小企業を救う 販売管理
クラウドシステムが中小企業を救う、システム導入で従業員の定着度もアップ

今回は 販売管理 システムで 中小企業 は救えるのか!? なんてタイトルでブログを書いてみました! そんなシステム一つで変わることがある?と思われている中小企業の経営者の方も多いのではないでしょうか? でも例えば、 基幹システム や ERP を導入したり、今あるシステムを見直すことで会社はグーンと良くなります!

販売管理 システム 導入するには現状を把握

まず最初に。導入するには会社の現状を把握してください。従業員からどういった不満がもれているか、どの部署で残業が発生してるか、疲弊しているか、退職者が多いか。などこのような部分ある程度会社のボトルネックになっている部分が見えてきます。

中小企業 の システム化されていない部分

従業員の不満が多いのは、その業務内容が非生産性なことであるからですね。「これって必要?何の為に?」「どうせやっても見てないでしょ?」など、やっている理由がわからず、ひたすら日課のようにやる仕事ってありませんか? よくよく聞くと、遠い昔の従業員たちが行っていた仕来たりで、当事者は既に退職してる。止める人がいないからやり続けている。なんてことはどの中小企業にも多いのではないでしょうか?実際にうちの会社にもありました。笑 全く意味がないし、従業員のみんなもそう感じているけど続けている。なんてこと会社にとって全く不要なことですよね!
話はそれましたが、結局は無駄な仕事がある、その理由の一つとして、システム化されていない。ということで業務負担が増えているっていうことです。

その 社内システム いつのですか?

経営者さんも多いですね。確かにシステムは入っているんですけど・・・、それ何十年前のヤツですか!なんてことがあります。 携帯電話で例えると、「携帯電話?もちろんもってるよ! N503 」といった具合なんですね。 それいつのケイタイなの?スマホじゃなくて、 iモード ?? みたいな感じです。 確かに当時はすごく高く、最新の技術がつまっていたかと思いますが、数十年も立つと、さすがに時代に合っていないんですよね。むしろ、それを使い続けることで生産性が下がってしまう、無駄な仕事が増えてしまう。ということが以外と経営者さんは気が付いていない、もしくは気が付いているが見て向ぬふりをしているか・・・・ 

新しいシステム の乗せ換え

が湧いている。みたいな感じでしょうか。ただ時代は進化を続けているので、愛着だけではいけません。中小企業の販売管理システムに限らず、きっちりと時代の流れに乗らなければ、業務負担が減ることはありませんから。 だから、 中小企業の 経営者 さまに言いたいのは、システムを思い切って乗り換える勇気です! 

販売管理システム は安い

価格の話は、また別記事でも特集をしたいのですが、販売管理システムに限っていえば、正直安いです! 乗せ換える方がほぼ安くなります。 それは先ほど例えた携帯電話と同じで、昔のケイタイ料金って数万円していませんでしたか? それが今では楽天モバイルとかであれば、980円ですよね? それと同じなのです。システムも様々な外的要因から価格が下がり、今では大変導入しやすい価格相場になっています。今もしご利用されている社内システム、例えば 基幹システム や 在庫管理システム 、 財務会計システム などで数十万お支払いになられている場合は、システムを見直すチャンスでもあります。いわゆる SaaS 型システムの ERP や 販売管理システム などでありましたら、月額50,000円からご利用出来る クラウドサービス もあります。

安いシステムでも機能は充実

安いから、大丈夫?というご不安な点もあるかもしれませんが、結果としては 大丈夫 です!むしろ古い数十年前のシステムより、インターネット上のセキュリティ対策も数百倍強化されていますし、クラウドがメインなので、いつでもどこでもシステムにアクセスが可能となり利便性もかなりアップ致します。 安くなったのは、従来のオンプレミス型、自由設計する基幹システムではなくなったことが大きいです。現在の主流はパッケージ型になっており、即日導入なんてことも出来るレベルです。また数多くの企業の声が終結して出来上がっているシステムが多いので、機能面もかなり充実しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 販売管理 システムで 中小企業 は救えるのか!? というテーマで 販売管理システム のことや、 ERP 基幹システム を導入するか否か。ということで説明いたしましたが、結論としては、是非、最新のクラウドシステムに乗り換えれば、業務効率があがり、結果として中小企業を救う一つの手段になる!ということでした。
経費、社員の生産性アップ、ストレス軽減、人材流出の歯止めなど、色々な角度で会社を支える存在となってくれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました