中小企業が販売管理システムを使いこなすには

中小企業が販売管理システムを使いこなす 販売管理
中小企業が販売管理システムを使いこなす

今回は中小企業が販売管理システムを使いこなすためにどうされているかなどをご案内出来ればと思います。まだ社内に管理システムなどを入れていないということであればこちらの記事も参考にして頂ければ嬉しいです。それではいきましょう!

販売管理システムって?

まず、そもそも販売管理システムについて、少し理解を深めていただきたいのでシステムがどのように使われていて、どのような活躍をしてくれるのかをお伝えしていきます。

最近、テレビCMやネット広告などでもよく見かけるようになった販売管理システム。販売管理という名前なので、卸や、小売業をされている方向きなのかな?と思われがちですが、実際はそうではありません。販売管理システムは、中小企業であればほとんどの業種に寵愛される優れた管理システムなのです。

販売管理システムの主な機能

ここではおもいつく機能を記載していきます。見積管理・受注管理・売上管理・配送管理・倉庫管理・出荷管理・ピッキング管理・請求書管理・納品書管理・注文伝票管理・仕入れ管理・在庫管理などがあげられます。

クラウド販売管理システムならさらに便利

さらにクラウド販売管理システムであれば、どのデバイスからもアクセスできる利点があります。少し前まででは出来なかった(オンプレミス型が主流のため)。2010年あたりからクラウドシステムが台頭してきたことで利便性も大幅にアップ。それに伴い導入費用が下がったことで利用者が爆増しました。

導入しない理由が見つからないシステム

販売管理システムについては、上記でのべたように、機能の充実度、価格も含めて導入するメリットを多く感じていただけたかと思います。機能については、製品によりますが、数か月に1回アップデートされていっていますので、まさに時代に合わせたシステムになっています。以前のオンプレミス型では、このような頻繁なアップデートはされませんでした。 また価格については月額7万円からという販売管理システムもありますので、導入コストだけではなく、ランニングコストも安いです。これはバックヤード業務の担当者をわざわざ雇い入れるよりも安いわけです。さらに、システムといっても複雑なものではなく、近年UI、UXが見直されているシステムが多いのである程度直感で操作できることも出来ますし、スマホ画面にも対応しているものもあります。これまでのシステムは小さい文字でボタンをどれを押せばよいかわからない。複雑などが理由で定着しなかったパターンもあるかと思いますがそのあたりも改善されてきています。
このような理由より、もし販売管理システムの導入を検討されているのであれば、前向きに検討いただくことをおススメいたします。

販売管理システムの効果

では導入した企業がどのような効果を得られるかといいますと、圧倒的な業務効率化が図れることによる、業務のスピードアップ。それに伴い、残業代が減らせることで人件費の削減。さらに入力業務にあたっていた時間を、営業やその他会社の業務に時間をあてられることによる、間接的な営業利益の確保や売上アップに繋がります。もっとも経営者からすると売上もあげれて、経費も削減するので魔法みたいなシステムだと感じて頂けるでしょうし、現場の従業員も、システムが整理されたことで無駄な業務をすることがなくなるので、会社に対するストレスも軽減されます。

導入後は今以上に会社が加速

クラウド販売管理システムを導入後は、会社の勢いもついていきます。それは上記で述べたように、現場の従業員のモチベーションアップにつながるからです。これまで面倒だった入力作業は、面倒な上に、会社に戻って入力、上司の承認をもらうなどのワークフローが発生しなかなか1日で終わることが出来なかった作業が、クラウド販売管理システムであれば、外出中でもアクセス許可されている端末であればどこでもシステムにログインし必要な情報を入力できるのです。例えば見積をつくることや、経費の精算なども移動中のスマホで一瞬で完了できます。役職者も外で部下からのワークフローの承認が出来るようになるのでそこで一気に作業が片付くというわけです。これにより、空いた時間で新しい顧客へのアプローチや、残業なく帰ることが出来ます。

クラウド販売管理システムなら進化が続く

さらに、製品にもよるのですが、クラウド販売管理システムであれば、システムもアップデートされていきます。有償のものがあれば無償のものもあり、会社が成長していくにあわせて、必要な機能を自分たちでカスタマイズしていけます。以前のオンプレミスであれば、そのアップデートは、こちらから相談して、ベンダーに見積をもらい、開発、実装という流れでしたが、今は、先にシステム側がアップデートされ、必要か不要かはこちらで判断でき、開発済みのものであれば、どのタイミングでもアップデートできるという利点があります。

タイトルとURLをコピーしました