クラウド販売管理システムとSaasを学ぶ|中小企業向け

クラウド販売管理システム Saasを学ぶ 販売管理
クラウド販売管理システム、Saasを学ぶ

今回は販売管理システムの中でもクラウドについて記事を書いていきます。販売管理システムも少し前まではオンプレミスで開発されていたことも多いのですが、最近の製品はほぼクラウドになっております。Saasとして販売管理システムをご利用頂くことが一般的になってきました

Saas とは?

まずSaasという言葉についてご説明いたします。呼び方は「サース」「サーズ」どちらでも問題ありません。一言で説明すると、クラウド上にあるシステムで、インターネットを介してご自身のデバイスで操作できると認識して頂ければ大丈夫です。少し前ではASPという言葉で表現されていたこともあります。実質的に大きな違いはありません。

なぜSaasが流行っているか

今ではほとんどのシステムがクラウド化、Saasになっていることが多いです。実際に仕事で利用している業務システムや、私たちがスマホでさわるアプリなどもそれに該当しています。流行っている一番の要因は、インターネットがあれば原則どこからでもアクセスが出来、操作が出来るという利便性になるかと思います。テレワークをされている中小企業などでは特に重宝されるシステムになっています。またもう一つの理由として、クラウドシステムは安い。ということが挙げられます。 クラウドで開発出来るがゆえに、開発コストが抑えられるのです。
ですので、一時的なブームでSaasが流行っているということではなく、もう今はSaasの時代になったとお考え頂いた方が良いです。

身近なSaas

ビジネスで利用されているものとしては
・GMAIL
・マイクロソフト365
・ドロップボックス
・Adobeソフト

などです。少し前までは完全にソフトを購入しインストールしていたようなものがいまではクラウド化になり、月額費用で最新の状態のソフトが使えるサービスに切り替わっていっております。

販売管理システムがSaasって?


上記で述べたように、現在業務システムもどんどんSaasとなってきております。そこで例外ではないのが販売管理システムもです。中小企業向けクラウド販売管理システムも多くリリースされてきております。やはり、どこからでもアクセスできるという利便性から販売管理システムとの相性が良いものだと思われます。

販売管理システムで出来ること

各製品によって少し機能は違いますが、主に出来ることとしては、見積管理、受注管理、売上管理、請求、債権管理、入出荷管理、仕入れ管理などになります。 これだけ見ると、会社にとっていかに大事な業務をサポートしてくれるかがわかります。また言いかえると、これらの機能を、どこでも手持ちのデバイスで確認できるととても便利であることもイメージがつくのではないでしょうか。そいうこともあり販売管理システムをクラウド化するのはおすすめです。ただし会社の業態や体制、機密事項の取り扱いの規定などからクラウドがご利用出来ないパターンもありますので、すべての中小企業に当てはまるわけではありません。

クラウド販売管理システムの価格は?

こちらについては、これまでのオンプレミス型に比べると随分安く利用できる製品が多いと思います。

一番安い最小限の機能だけで使える製品であれば、月額5,000円などのサービスもあるくらいです。ただ一番安いプランなどでは十分に力を発揮するシステムはほぼないと思いますので、そう考えると月額50,000円程度が相場になってくるかと思います。

また販売管理システムと検索するとかなりの製品が出てきます。まとめているサイトだけでも45社から比較!などがありますので、自社にあっているサービスを探し続けると結構時間がかかると思いますので、計画的に導入を検討されることをおすすめいたします。

クラウド販売管理システムは別システムとの連携は出来るか?

こちらについては、拡張性のある製品であれば基本は可能です。すでに会計ソフトを入れている場合や、倉庫システム、在庫管理システムなどと連携させたいという企業様も多いかと思います。製品によってはカスタマイズ費用が発生したりする場合もあれば、CSVを利用してデータ連携を行うという場合もあります。
またあまりにも連携するシステムが社内に多い場合には、販売管理システムに強いクラウドERPを活用される方がおすすめです。ERPでありますと、社内のバックヤード業務全てが一元管理できますので、CSVでデータ連携をちまちまと行うことなく利用できるというメリットがございます。

まとめ

今回は、中小企業向けのクラウド販売管理システムとSaasについて記事を書いてみました。
販売管理システムはクラウド製品が利用しやすく、費用も抑えられる、またすでに社内システムが複数導入されてしまっている場合は、新しく販売管理システムを導入するよりも、クラウドERPにきりかえて、社内システムを全て一元化するという方向性の方が良いという結論でありました。

こちらの記事がクラウド販売管理システムの導入の参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました