インサイドセールスに特化したクラウドソーシング「タクセル」

Apply Success!

日本初!オンライン営業に特化したクラウドソーシング「taku-sale(タクセル)」のサービス提供を開始~場所を選ばず”全国どこでも働ける、新たな“働き方改革”を提案~

タクセル株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:田中亮大、以下当社)は、日本初のオンライン営業に特化したクラウドソーシングサービス「taku-sale(タクセル)、以下タクセル」(https://taku-sale.com)を2016年12月21日(火)より開始いたしました。

サービス開発の背景

日本国内の労働力人口は、1998年の6793万人をピークに、以降緩やかに減少を続けてきました。(*1)多くの業界で人手不足が顕在化している現在、国を挙げた働き方改革の動きが多くの注目を集めています。その一方で、子育てする女性や、介護と仕事を両立したい人たちにとって、それぞれのライフスタイルにあわせた働き方の選択肢は、依然として少ないのが現状です。

そこで、当社では、特定の専門スキルを持たなくても、場所にとらわれることなく一人ひとりが自分らしく働ける機会を提供するために、“在宅でのオンライン営業”に特化したタクセルを開発し、リリースいたしました。

*1 出所:総務省『労働力調査』

タクセルのサービス概要

タクセルは、非訪問のオンライン営業(インサイドセールス(*2))の仕事を発注したい企業と、在宅で営業を行う働き手(以下タクセラー)をオンラインでマッチングするクラウドソーシングのサービスです。

本サービスにより、効率的な営業を行い、営業活動の生産性を高めたい企業と、全国どこでも自宅にいながら安定した収入を得たい働き手の双方のニーズに応えてまいります。また、単なるマッチングにとどまらず、専門スキルを備えた当社ディレクターを配置することで、企業側の営業プロセスを明確に定義し、タクセラーを適切にサポートすることで、成果が出やすい環境を整えております。さらに、当社独自の採用・評価・教育研修の仕組みを強化することで、企業、タクセラーのどちらにとってもご利用いただきやすいサービスにしてまいります。

なお、初年度はタクセラーの稼働人数を300名、売上高約2億円を計画しております。

*2 インサイドセールスとは、電話やメール、オンライン会議システム等を使い非対面で顧客に営業をする手法のことです。効率的な受注が図れるため、近年日本でも注目を集めているスタイルで、従来型の対面の営業は、インサイドセールスに対してフィールドセールスまたはアウトサイドセールスと呼ばれています。

クラウドファンディングでの目標額達成

タクセルのサービス提供開始に先立ち、2016年11月4日よりクラウドファンディングサイト「Readyfor」において支援募集を行いました。約1ヵ月の期間で、目標金額を上回る2,706,500円もの資金が集まり、サービス提供開始前から多くのご支援やご期待をいただいております。

いただいた支援金額は、より使いやすいウェブサイトにし、一人でも多くの人と企業が集まるプラットフォームづくりに活用いたします。

タクセル株式会社について

当社は、「大切なことを 大切にできる 働きかたを」の経営理念に定め、時間と場所にとらわれない働き方を世の中に広めるべく事業を行っております。それを強力に推進する一つの手段がテレワークやリモートワークであり、最先端のテクノロジーと独自の仕組みを提供することで、一人でも多くの人が自身の望む働き方を実現できるよう支援してまいります。

会社概要

  • 会社名:タクセル株式会社
  • 代表者:代表取締役社長 田中亮大
  • 本社:東京都港区南青山2-14-12-209
  • 事業内容:
    1. ・タクセルの運営
    2. ・テレワーク/リモートワーク導入コンサルティング
    3. ・インサイドセールス導入コンサルティング
  • URL:https://taku-sale.com/

ページトップへ戻る

Copyright © takusale all right reserved.