楽天ショップ出店者が使う販売管理システム

楽天ショップ出店者が使う 販売管理システム 販売管理
楽天ショップ出店者が使う 販売管理システム

今回は楽天ショップを運営している企業がどういった販売管理システムを利用し在庫管理などをスムーズに行っているかを記事にしていきたいと思います。楽天にだけ出店している企業もあれば、並行して自社のECサイトやヤフー、Amazonなども活用されていることもあるのでそういった複数店舗管理などについても書いていきたいと思います

システムの選び方

楽天ショップでどれだけの商品点数や売上規模があるかによって多少、システム選びも変わってくる部分ではありますが基本はクラウドタイプの販売管理システムをオススメ致します。費用は月額10,000円~と比較的リーズナブルなシステムなので、小規模であっても気軽に活用することが可能です。また逆に数万点商品の取り扱いがあり、売上規模も数十億などになる場合であったとしても、クラウド販売管理システムの月額10,000円程度のものでも十分に活躍はしれくれます。

求める機能

まず販売機能として必要なものを挙げますと、受注、出荷を自動連携&一元管理出来ることが理想です。楽天だけ1店舗での出店であれば、不要かもしれませんが、別のショッピングモールの出店や、実店舗などもあった場合は在庫管理がとても重要になってきます。在庫を持っている倉庫との連携も必要になってくるため倉庫管理との連携も必要になってきます。このような一連の流れをフォローできる最低限の機能が販売管理システムに求められます。あとは請求書が出せたり、見積書が出せたりBtoB向けに利用出来る機能がついている販売管理システムもありますが、この場合は卸業などをされている企業向けなので、楽天などショッピングモールに出店し、個人消費者相手であれば不要な機能です。

費用

販売管理システムはそこまで大きく費用をかけるものではないと考えています。その為現在世に出ている販売管理システムで月額10,000円程度のもので十分かと思います。しかし安いからに機能がある程度のところまでしか使えないという場合があります。特に複数店舗管理などしたい場合であれば、店舗数につき、オプションとして月額10,000円が上乗せされる場合もありますので注意が必要です。
ですので、今後、楽天以外にも、他のショッピングモールやECサイト、はたまた実店舗を始めていくとなったときは、月額10,000円では難しいので月額50,000円程度かかるものと考えて頂くのが良いかと思います。

販売管理システムの代用

販売管理システムはあくまでも販売管理や在庫管理をメインとしたシステムのため、その守備範囲以外の業務については利用ができません。さきほどのように複数店舗展開する場合や、会社の規模が大きくなってきて、業務管理を円滑にしていきたいとなった場合は販売管理システムではなく、クラウドERPなどを代替として利用されることをオススメします。ERP・基幹システムであると、販売管理以外にも在庫管理、財務会計、他の業務システムとのAPI連携が出来るので、社内の業務が一元管理出来るとても良いシステムです。ただ守備範囲は広くなっていいが、機能としては専門の販売管理システムより劣っているのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。どちらかというと、専門の販売管理システムがさらに強化された万能なシステムということで認識してもらえれば大丈夫です。

楽天だけ使えるシステム

楽天専用で使える販売管理システムを探したところ、Rakuten RMS Service Square 以外はなさそうです。というのも。基本は楽天以外にもAmazon、ヤフーといったショッピングモールにも対応しているシステムばかりです。その為、楽天に特化したものというのはありませんでした。ですので楽天しか利用していない場合は、楽天が提供しているRMSだけで対応されるのも十分ですし、社内のデータとして他で持っておきたいということであれば、クラウド販売管理システムで実際に操作のしやすさであったり、見やすさ、管理のしやすさなどで選んで頂ければよいかと思います。

まとめ

今回は楽天に特化した販売管理サービスについて調べてみました。結果としては楽天専門というシステムはRMSしか存在せず、それ以外を使うとなると、楽天専門というものはなく、アマゾンやYahoo、自社ECにも対応している販売管理システムや、在庫管理や財務会計まで連携しているクラウドERPなどがありますのでそういったシステムを活用されることをオススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました