中小企業向け無料で使えるクラウド販売管理システム

無料で使える販売管理システム 販売管理
無料で使える販売管理システム

今回は、中小企業向けの無料で使えるクラウド販売システムについて記事を書いていきたいと思います。無料という言葉にはどの経営者様も興味を惹かれるところではあるかと思いますが、本当にそんなシステム存在するの?と疑心暗鬼な方も多くいらっしゃるかと思いますので今回は、どうすれば無料で利用できるのか、無料のクラウド販売管理システムはどこまで使えるのか、などをまとめてみました。

本当に無料のクラウド販売管理システム

まずは、本当に無料のクラウド販売管理システムがあるかを調べてみました。インターネットで【販売管理システム 無料】と検索するといくつかヒット致しました。
・フリーウェイ販売管理システム
・main販売管理
・セールスノート

このあたりは、有料プランもありますが、無料プランとして利用出来るサービスとして展開されているようです。有料プランと比べると、機能面で制限が発生しているようです。ですので、本当に少人数でシステムを触るユーザー(アカウント数)が1名、2名でありますと本当に無料で利用できるはずです。あとはCSVのエクスポートやレポートなども不要、サポートも必要がない。ということであれば無料版でも十分活躍するのではないでしょうか。
ただ、はやり無料版と並列で有料版が準備されておりますので、無料版では販売管理機能としてのチカラを十分に発揮出来ないのだと推測されます。製品側からすると、その足りない部分で有料版に移行してもらい売上を作りたいはずです。ですので、無料と言っても、仕様を理解した上で契約する必要があります。

無料ではなく、無料期間

続いては、完全に無料のクラウド販売管理システムを使うのではなく、トライアル期間などを設けている無料期間がある製品です。この無料期間を設けている製品、システムについてはおすすめが出来ます。やはり業務システムを入れるにあたり、製品の特長、機能面、実際の画面の使いやすさなどは事前に知っておく必要があります。よくある大手のシステムなどでは、あくまでも世間一般的な機能面だけで、中小企業によくある独自の業務などがある場合はうまくはまらない場合がありますので注意が必要です。といっても、他の業務システムと違い販売管理だけであればある程度は一般的なレベルでの機能は実装されているので大きな問題にはならないのではないかと思います。見積書作成、納品書、注文書、請求書あたりの出力、電子保存などはどこの製品でも問題なく出来るはずです。
あとは、UIを意識して作られているかどうかです。 実際に現場が使いやすいと思わなければ、システムを利用する頻度が下がったり、正しく機能を使えていないなどが起こりえるので、機能面だけではなく、見た目も十分に意識をして選ばないといけません。

ERPなどと抱き合わせて、実質無料で利用する

最後は、他の業務システムと併せて、販売管理システムを利用する方法です。いわゆる基幹システム・クラウドERPなどがその例になります。販売管理システム単体だけではそんなに必要はないという企業が多いかもしれません。見積や納品書などの帳票関係はエクセルで作っていて、保管もスキャンで行っている、ということであれば確かに不要です。販売管理は決して必要なものではありません。しかし、会社に業務システムがはいることで、劇的に業務効率があがります。それは、在庫管理であったり、仕入れなどの購買管理、人事労務、財務会計など多くあります。そういった業務システムを一元管理しているのがERP・基幹システムになります。このERPには販売管理システムの機能もほとんどの製品が搭載しております。
こちらは考え方なのですが、販売管理システム単体は不要の場合は、基幹システム・ERPを導入すれば、システムも一元管理出来ますし、他の在庫管理や会計システムを探す必要もなく全て一元管理が出来ますのでお勧めです。その為、中小企業向けの基幹システム・クラウドERPなどであれば月額7万円ほどが相場になりますが、その7万円の中に販売管理機能もあるので、実質は無料で使えるということになります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回はクラウド販売管理システムを無料で使う方法について記事にしてみました。3つ上げさせていただきましたが、1番のおすすめは、基幹システム・クラウドERPを導入されることです。やはり販売管理以外にも様々な業務システムに使えるというのが何よりも大きいです。費用は月額7万程度になってきますが、業務システム関連を1ずつ契約して利用していてもおそらく同じくらいの費用になるわけなので、そこは大きな負担と考えなくても良いかと思います。
その次に、どうしても販売管理システムだけで良いということでしたら、トライアル期間のある製品を使ってみましょう。無料の間で機能以外に実際に使いやすいかどうかを操作して頂き、会社にあうシステムを選んでください。
最後に、エクセルから脱却したいだけ。というレベルでしたら販売管理システムの無料バージョンをご利用頂ければ、費用もかからず運用が出来ます。会社が大きくなったり、社員が増えて管理が難しいと感じられた時点で有料版に切り替えると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました