販売管理システムの導入事例 家具店

販売管理
販売管理システムの導入事例 家具店

今回は実際に販売管理システムをいれた家具店の導入事例をお伝え出来ればと思います。実際にアナログ管理からシステム管理を行うとどこまで業務改善が行われるか、どういった部分が便利になるかなどを参考にして頂ければと思います。また今回は家具店にフォーカスしていますが、同じく製造、小売りなどの業種であればあてはまる部分もあると思います。

家具店の悩み

それではまず家具店の悩みの多い部分についてお伝えします。大手家具店ではすでに業務システムなどをいれて業務改善などを行われていると思いますが、中小の家具店ではそこまでシステム化されている店舗、企業も少ないと思います。

在庫管理

家具店には、自社製品を扱っている場合、仕入れ商品を取り扱っている場合、その両方の場合とおおよそ3パターンあると思います。その中でまず在庫管理方法を考えないといけません。
中小企業の家具店では数万点という商品点数を取りそろえることは稀だと思いますが、細かい商品を合わせると数千点とある場合があります。その場合まずは自社倉庫を整備し、商品の流動をきちんと把握しないといけません。そこは倉庫管理システムや在庫化管理システムが活躍するのですが、そこはシステム化していないくても、アナログでも可能な部分だとは思います。
ただ、実店舗以外にもECサイトなどされていると商品の流れがとても速くなるので、アナログ、エクセル管理などではいつか限界がきてしまいます。

販売管理

これまで中小企業の家具店では、実店舗の販売がメインということろが多かったと思いますが、照明器具などクッションなどを取り扱い、楽天ショップやAmazonなどの出品する企業が増えています。そのため大型家具と違い、日々売れている商品も多いと思うので在庫数の把握、日商の管理などをしていかないといけません。特に複数店舗の場合は在庫の有無は注意をしないといけません。実店舗では売り切れになっていますが、楽天では出品しぱなっしということが、昔はよくありました。
今では、ECサイト向けの販売管理システム を導入している企業が多いので今ではそのようなトラブルはほぼなくなってきています。ですので、同時注文など在庫管理が出来ていない。といった場合は、販売管理システムやERPなどを導入し管理することをお勧めいたします。

家具店はシステム化が進んでいない

家具業界ではどれだけシステム化されているか、と考えると今では7割以上がなんらかのシステムを導入し、業務改善に努めておられるということを聞きます。
その中でも、倉庫管理システム、在庫管理システム、購買管理システム、販売管理システムをはじめ、人事労務、財務会計など総務や人事部もシステムを導入しているといわれています。
このような全ての業務管理をシステム化するには、家具向けのERPなどのシステムが必要になってきます。
ただ、システム化するのは費用もかかるのでそこまで積極的な中小企業が多くないという事実もあります。理由としては、「コストをかかるのを抑えたい」という声が多いようです。
どうしてもシステムを導入したことがない企業からすると、今までかかっていない費用が毎月のようにかかり、さらに売り上げが上がるわけでもないので、積極的に導入まで至らないということが多いようです。
実際に、10人程度で職人をかかえて、大型家具を販売している。という企業であれば業務をシステム化しないでも仕事に支障はでないかと思われます。
しかし、仕入れ商品もあり、倉庫を持って30人規模であるとシステム化する方が圧倒的に業務効率があがります。もちろん従業員を雇用し続けることは良いのですが、従業員過多になってしまい人件費の負担が大きくなることを考えたら、月額10万程度で、業務内容をサポートしてくれるシステムを導入する方が、万が一売上が下がってしまった場合でも大きな痛手にはならないと思います。

少し話はそれましたが、家具店がシステム化が進んでいないといわれる理由の一つとしては、中小企業が多く、さらに10名程度の企業が多いのでわざわざシステム化をする必要がないという理由でした。

まとめ

今回は、販売管理システムを家具店に導入するとどうなるか?という内容で記事にしてみました。
現在調べたところによると、多くの家具店がなんらかのシステムを導入されていることは確認が出来ています。 そこで販売管理システムについては、今後ECサイトや楽天などで家具、雑貨も積極的に販売していきたいという企業にはとても重要となっていきます。
在庫管理や請求書作成なども出来るERPなどもおすすめですし、アナログ管理の限界を感じているということであれば、月額1万円くらいから試せる販売管理システムをご利用いただくのはいかがでしょうか? 社内をシステム化にして業務効率改善につとめましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました